食彩陸奥 頂級美饌王國巡禮
日本 北東北

青森県・秋田県・岩手県の
極上食材による
“究極のメニュー”開発

山本 征治シェフ

「日本料理 龍吟」
山本 征治
SEIJI YAMAMOTO

「食彩陸奥 頂級美饌王國巡禮 日本 北東北」にあたり、「日本料理 龍吟」 山本征治氏に青森・秋田・岩手の極上の食材を使った“究極のメニュー”を開発いただきました。
各県代表シェフが腕を振るう「食彩陸奥 頂級美饌王國巡禮 日本 北東北」認定店で、山本氏の“究極のメニュー”を再現し、ご当地のオリジナルメニューと共に提供いたします。

山本 征治 氏 プロフィール


1970年香川県生まれ。調理師学校卒業後、日本料理を14年に渡り修業。2003年12月にオーナーシェフとして独立開業し、東京六本木に『日本料理 龍吟』をオープンさせる。
以後、ヨーロッパ各地やアメリカの料理学会に日本代表として幾度となく招聘され、独自に開発した多くの技術を世界に向けて発表するとともに、日本料理の伝統技術の検証を重ね、技術と発信力の両面で日本料理の可能性を世界に示す。
2012年6月、香港・九龍ICCビル101階に「天空 龍吟」を、2014年10月、台北・大直に「祥雲 龍吟」をオープンし、現在アジア3ヶ国から世界に向けて日本料理をリアルに発信している。

著書
『日本料理 龍吟』 山本 征治 著/高橋書店/2012年

食彩陸奥 頂級美饌王國巡禮
日本 北東北

オリジナルメニュー開発

青森県・秋田県・岩手県
6人の精鋭シェフ

北東北3県それぞれの素材を使い、山本征治氏が開発した“究極のメニュー”を再現するのは、「食彩陸奥 頂級美饌王國巡禮 日本 北東北」のために山本氏の技を伝授された6人の精鋭シェフ。各県自慢の極上食材を使ったメインメニューと、各シェフが開発したオリジナルメニューのコラボレーションをお楽しみください。

AOMORI

竹川克範
French&Italian
agréable(アグレアーブル)
竹川克範オーナーシェフ
KATSUNORI TAKEGAWA

青森県むつ市生まれ。高校卒業後、上京。お台場「ブルスケッタ・ピックスカフェにてイタリア人シェフのもとでイタリア料理を学び、その後フレンチレストラン・ミクニ丸の内店「ミクニズ・マルノウチ」副料理長、銀座「アズカフェ・ミクニ」料理長を経て、帰郷。2008年故郷にアグレアーブルをオープン。

佐藤 玲一
レストラン エヴィエ
佐藤 玲一オーナーシェフ
REIICHI SATO

青森県青森市まれ。県内の高校を卒業後、八甲田ホテルで6年。その後都内のホテル、レストランで修行し2004年、evieをオープン。地元でとれた旬の食材を中心に、フレンチベースの独自の味に仕立て提供する。エヴィエとは、フランス語で「目を覚ます」「覚醒」「興味を示させる」「新鮮」という意味。

AKITA

小林 淳
フランス料理
Boire un coup(ボワ アン クープ)
小林 淳オーナーシェフ
JUN KOBAYASHI

秋田県北秋田市鷹巣生まれ。東京 乃木坂シェピエールでの修行の後、渡仏。二つ星レストラン「ルレドラ ポスト ア マジェスク」で学び、帰国。2001年~2004年東京表参道「ポアロー」を経て、2006年、故郷にボワ アン クープをオープン。秋田の海の幸、山の幸の良さを伝える料理を提供する。

須田 航
RESTAURANT
RECETTE(レストラン ルセット)
須田 航チーフシェフ
WATARU SUDA

秋田県秋田市生まれ。2014年のオープンより、レストラン ルセットのチーフシェフを務める。県内の山海の幸を使った料理を、伝統と革新を織り交ぜた技法で提供。今年は伝統野菜の認知促進に関わる事業「2016秋田伝統野菜まちめぐりMONTH」参加店として地元の食の振興にも力を注いでいる。

IWATE

高橋 弥
東北自動車道
前沢サービスエリア(下り線)

前沢レストラン
高橋 弥料理長
WATARU TAKAHASHI

岩手県奥州市生まれ。日本国内の和食料理店を歴任。平成16年より前沢レストランの料理長として腕を振るう。“岩手県産前沢牛の伝道師”を自負し、その美味しさを日々全国に発信している。「料理は美味しく、楽しく、すべてのお客様のために」がモットー。

須田義太郎

ホテルメトロポリタン盛岡
NEW WING

日本料理 対い鶴
むかいつる

須藤 義太郎料理長
YOSHITARO SUTO

青森県青森市生まれ。調理師学校を卒業後、仙台・東京で腕を磨く。NEW WINGのオープンに向け、1995年着任。2003年ホテルメトロポリタン盛岡総料理長に就任。2009年 名誉利酒師 任命。2016年より執行役員 日本料理長として腕を振るう。